<< ブライアン?マックナイトに隠し子? | main | 【リリース】「アラド戦記」で「ミスアラド」を決める >>

スポンサーサイト

  • 2011.12.18 Sunday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


FEZ初のPvP大会「バンクェット 潤?Decisive Battle 2007

予選リーグ開始前に紹介された5名のチームリーダー。両脇を固める甲冑姿の不思議な2人は,GMチームのメンバーである。お面をつけたまま試合に臨んだGMもおり,さぞや画面が見えにくかったことだろう
 Gamepot Festa 2007では,「ファンタジーアース ゼロ」(以下,FEZ)のPvP大会「バンクェット」の決勝戦が,グリーンステージおよびブルーステージを利用して開催された。
 バンクェットとは,7対7で行われる少人数の公式試合のこと。特殊なルールのもと「闘技場」と呼ばれる施設を利用するため,FEZ本来の醍醐味である「最大50対50の戦争」とはまったく異なる雰囲気の遊び方だ。
FNO RMT  FEZでは,11月9日より1ワールド64チームによるオンライン予選トーナメントが実施されていた。各サーバ代表の座をかけた決勝トーナメントを経て,この日,FEZ最高のチームとプレイヤーが決まったというわけである。
RF Online Z RMT

 バンクェットの詳細なルールや出場条件などは特設サイトに記されているが,ここで簡単に説明をしておこう。1チームは補欠を含む10人まで登録可能だが,試合に出場できるのは7人のみ。試合専用の特別なキャラクターではなく,ユーザー自身のアカウントとキャラクターを用いるが,装備品および回復アイテムがゲームポット側から支給されることもない。何をどれだけ準備するかはプレイヤー次第というわけだ。
天上碑 RMT  勝利条件は,試合制限時間10分以内に,先に10キルを取ること。FEZでは,戦争中に戦闘不能になっても,15秒経てばHP/PW満タンの状態で復帰できるので,合計キル数が先に10に達したチームが,勝利という意味だ。
Tenjouhi RMT  試合終了時に両チームのキル数が同点の場合は,デッド数が少ない側,あるいはメンバーが,与ダメージランキング上位に多く入っているチームが勝利となる。
 オンライン予選はトーナメント方式で進められたが,この日は3チームずつ,A/B二つのリーグに分けられたうえで,総当り戦方式が採用されていた。それぞれ上位2チームが,午後3時半からの決勝トーナメントへの出場権を得られたのだ。なお,現在FEZにはアルファベット順に「Atziluth」「Briah」「Chokmah」「Daath」「Ether」の5つのサーバーが存在しており,それぞれのサーバーの代表チームにGMだけで編成される特別チームを入れた,以下の6チームによって予選は行われた。

?Atziluth代表:残業組
?Briah代表:GLADIA?OR
?Chokmah代表:1Ring
?Daath代表:StarShipです。
?Ether代表:ぷねひちるかも
?特別チーム:GMチーム

 残業組 VS. GLADIA?ORの試合で始まった,予選Aリーグ。残業組が所属するAtziluthサーバーは,ゲームポットへの運営移管以前から存在するサーバーなので,プレイヤーもベテランが多く,優勝候補と目されていたチームだ。しかしこの第1試合は,いきなりのマシントラブルからスタート。少人数戦のバンクェットでは必須ともいえる,ボイスチャットが使用できないというアクシデントに見舞われてしまったのだ。
 7名のメンバーは横一列に並ぶ配置だ。そして周囲を観客が取り囲んでいるうえ,隣のステージから串田アキラ氏による熱唱が響き渡る環境下で,ボイスチャットが利用できないというトラブルはかなりの問題だ。オフラインのPvP大会というものは,入念なリハーサルを行っても何かとトラブルに見舞われやすいものだが,これは厳しすぎるハンデである。
 オフライン大会という場の空気に呑まれたのか,トラブルに動揺してしまったのか,期待の残業組は第1試合,第2試合を続けて落とし,早々に敗退という番狂わせが発生。これにより,優勝チームの予想が立てづらい,なかなか興味深い展開となった。


 予選リーグを通じてどのチームも,メンバー構成はウォーリアが2名ないしは3名で,残りをソーサラーにするという構成が多く見られた。ウォーリアが2名の場合は,もう一人としてスカウトが採用されるケースが多い。
 これは,狭い闘技場で行われる少人数/短期戦のバンクェットに要求されるスキルが,最大100名で行われる戦争とは異なるためだろう。共通して見られたのは,ウォーリアは防御力の高い片手剣+盾装備のスタイルを選択し,ソーサラーはほぼ全員が氷系スキル「フリージングウェイブ」「ブリザードカレス」,そして雷系スキル「ライトニング」「ライトニングスピア」「サンダーボルト」を習得していたこと。もちろん状況に応じて武器を持ち替えたり,炎系スキルを選ぶプレイヤーもいたが,最も多かった組み合わせは上記の通りだ。

 試合運びの基本は,戦闘開始の合図と同時に建築物「スカフォード」を闘技場の中心に建て,これを壁にしつつソーサラーは氷系スキルで凍結を,ウォーリアはシールドバッシュによるスタン効果を狙っていくというもの。
 技が決まると,うしろに控えていたメンバーが追撃による大ダメージを狙い,逆にスタンや凍結をくらった側は,吹き飛ばし効果のあるスキルなどで,身動きできない仲間をフォローするという展開だ。
 スカウトを採用するチームは,相手の防御力を大幅に下げる「ガードブレイク」や,視界を一時的に奪う「ヴォイドダークネス」などを使っていたが,ハイド状態で敵チームの懐に入り込んで使う技のため,ハイドを見破られてしまうと逆に孤立無援に追い込まれるリスクの高い戦術といえる。なかには見事なテクニックで,これらのスキルを効果的に繰り出すプレイヤーも見られたが,戦いの中心となるのは凍結およびスタンからの追撃/フォローという流れである。
 最終的にAリーグは,GLADIA?ORが2勝0敗,ぷねひちるかもが1勝1敗で決勝戦へ。Bリーグは大方の予想通り(?)GMチームが敗退し,1Ring,StarShipです。の2チームが決勝進出となった。


 さて,バンクェット予選と決勝戦の間に会場を歩いてみると,Gamepot Festa 2007のチケットと引き換えに渡されるカードを交換する参加者の姿がよく見られた。
 これは,カード背面に記されているシリアルナンバーをゲーム内で入力すると,ペットや武器など限定アイテムがもらえたためだ。事前に何がもらえるのか分かるため,自分のキャラクターに必要のないアイテムカードを手に入れてしまった参加者が,「FEZのアイテム必要ですか?」「パンヤとFEZのカード交換しませんか」と声を掛け合い,物々交換を求めているのだ。

 また,これは余談になるが,友人同士で遊びに来たと思われる集団に声をかけてみたところ,これが偶然にも「ラグナロクオンライン」のPvPトーナメント,RJC本選に出場したギルド「Ruf Prism」のメンバーだった(関連記事は「こちら」や「こちら」)。RJCおよびRWC予選で何度かインタビューしている彼らだが,今ではすっかりFEZにハマッているという。
 彼らは,今回のバンクェットにもエントリーしていたそうなのだが,残念ながらオンライン予選の決勝戦で敗退してしまったとのこと(決勝戦まで残れたのが凄い)。ラグナロクオンラインでも対人戦に秀でていた彼らだが,一つのタイトルに優れたプレイヤーというのは,ゲームシステムが少々変わったところで,そのテクニックをいかんなく発揮できるものなのかもしれない。

RMT

スポンサーサイト

  • 2011.12.18 Sunday
  • -
  • 18:50
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
sponsored links
selected entries
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM